日鋼検査サービス株式会社

非破壊検査

試験検査

営業品目

  • 超音波探傷検査、磁粉探傷検査、浸透探傷検査、放射線検査、渦流探傷検査

対象分野

  • 製油所、発電所等の設備メンテナンスに関わる非破壊検査

超音波探傷検査(UT)

超音波を利用して試験体内部のきずを検出し、その位置やきずの大きさ、寸法などを測定する検査方法です。

超音波探傷検査

主な検査内容

磁粉探傷検査 (MT)

gallery image kensa-02MT
kensa-02MT

鉄鋼機器材料などの磁性体に磁束を流して、その試験体の表面及び表面表層部のきずを検出する検査方法です。

浸透探傷検査 (PT)

gallery image kensa-03PT
kensa-03PT

液体の毛細管現象を利用し表面に開口した きずを検出する方法です。

放射線透過検査 (RT)

gallery image kensa-05housha
kensa-05housha

X線やγ線を使用し石油用、原子力用など各種機器の内部きずを検出する
方法です。

デジタル型CRシステム(最新技術情報)

渦流探傷検査(ET)

gallery image kensa-06rtsystem
kensa-06rtsystem

交流を流したコイルを導電性の試験体に接近させ流れる渦電流の変化を読み取り、きずを検出する方法です。

上記で紹介している非破壊検査の他にも多種多様な検査方法があります。
非破壊検査に関してのお問い合わせは、お気軽に御連絡下さい。

トップへ